読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オープンソース化された Swift を Ubuntu で実行する

【スポンサーリンク】

Apple 社が開発したプログラミング言語 Swiftオープンソース化されました。Swift.org というサイトが公開されており、ソースコードGitHub で管理されています。

Swift はこれまで主に Apple 社の OS XiOS 用のソフトウェアを開発するためのプログラミング言語として知られてきましたが、今回のオープンソース化によって Linux 用の開発ツールも提供されました。そこで、公式サイトで提供されている Ubuntu 用の開発ツールを使用してみます。サポートされているのは Ubuntu 14.04 または 15.10 です。バイナリファイルが用意されているので非常に簡単です。

まず、Swift の実行に必要なソフトウェアをインストールしておきます。

$ sudo apt-get install clang libicu-dev

次に、Swift.org から Ubuntu 用の開発ツールをダウンロードして展開します。今回は Ubuntu 14.04 版をダウンロードしました。

$ wget https://swift.org/builds/ubuntu1404/swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-01-b/swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-01-b-ubuntu14.04.tar.gz
$ tar xzf swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-01-b-ubuntu14.04.tar.gz

最後に、展開したディレクトリ内の usr/binPATH に追加します。

$ export PATH=/自分の環境に合わせて適切なパスを書く/swift-2.2-SNAPSHOT-2015-12-01-b-ubuntu14.04/usr/bin:"${PATH}"

これで swift コマンドが利用できるようになりました。

$ swift -version
Swift version 2.2-dev (LLVM 46be9ff861, Clang 4deb154edc, Swift 778f82939c)
Target: x86_64-unknown-linux-gnu

それでは、簡単なプログラムを書いて実行してみます。以下のコードを hello.swift というファイル名で保存します。

print("Hello, Swift.")

以下のコマンドを実行すると結果が出力されます。

$ swift hello.swift
Hello, Swift.

もちろん、Swiftコンパイルして実行可能ファイルを生成することもできます。デフォルトでパッケージマネージャの仕組みが用意されているため、それに則って実行してみます。

まず、パッケージ用のディレクトリを作成します。ここでは Hello ディレクトリを作成します。

$ mkdir Hello
$ cd Hello

次に、マニフェストファイル Package.swift を作成します。デフォルトの設定では空のファイルで構いません。

$ touch Package.swift

ソースファイルを作成します。デフォルトでは Sources ディレクトリの main.swift というファイルから実行されます。

$ mkdir Sources

ここではソースファイル main.swift に次のようなコードを追加します。

print("Hello, Swift.")

ディレクトリ構成は以下のようになります。

Hello/
├── Package.swift
└── Sources
    └── main.swift

ソースファイルをビルドするには以下のコマンドを実行します。

$ swift build
Compiling Swift Module 'Hello' (1 sources)
Linking Executable:  .build/debug/Hello

ビルドが成功すると、.build ディレクトリに実行可能ファイルが生成されます。

$ .build/debug/Hello
Hello, Swift.

なお、デフォルトではデバッグ版が生成されます。リリース版をビルドするには -c release オプションを追加して実行します。

$ swift build -c release
Compiling Swift Module 'Hello' (1 sources)
Linking Executable:  .build/release/Hello

詳解 Swift 改訂版

詳解 Swift 改訂版